つみたてNISAのメリット・デメリット・留意点一覧

雑記

つみたてNISA概要

つみたてNISAとは、年40万円の投資枠×20年間=合計800万円分の投資について、20年間非課税とする制度です。

                       
対象者口座開設の年の1月1日において満20歳以上の居住者等
対象商品長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
買付可能期間2018年~2037年の20年間。20年の間毎年投資枠が設定される
投資枠年間40万円×20年=800万円
非課税期間各年の投資枠が設定されてから20年 ※途中で売却した場合はその時点で終了
中途解約可能
つみたてNISAの概要
引用:金融庁 つみたてNISA概要

メリット

運用益が非課税になる

通常の株式投資の税率20.315%がゼロに。値上がり益と配当金(分配金)ですね。

買付け手数料はほぼ0円

商品によっては買付け手数料取るところもありますが、ほとんどの商品は手数料0です(ノーロード)。

 

デメリット

損益通算ができない

A社の口座で年間100万円の利益、B社の口座で年間20万円の損失

この場合、通常の特定(一般)口座同士だと+100万円と̠-20万円を相殺して、+80万円とすることができます。対して、NISA口座は別枠扱いされて、先ほどの相殺に参加できないのです😞

繰越し控除ができない

ある年の特定口座(一般口座)の損益が損益通算しても-100万円となりました、次の年の損益は+200万円でした。

この場合、特定(一般)口座同士では、-100万円と+200万を相殺して、その年の利益を+100万円とすることができます。対して、NISA口座はこの相殺にも参加できないのです😞

一括買付けできない

つみたてNISAは、毎月or毎週or毎日買付するように設定しないといけません。

※ただしSBIでは実質的に一括買付けが可能になってます(2018.12現在)。ボーナス設定です👇 毎日100円買付+大発会の日にボーナス399900円買付にしておけば初日に40万円分消費できます。

・・・ドルコスト平均法・・・?ʅ(◔౪◔ ) ʃ?

SBI証券のつみたてNISA設定画面

買付けできるのは投資信託のみ

個別株は買えません。迷わなくていいのでメリットとも言えそうです。


 

ほか留意点

いつでも解約可能

iDeCo(60歳まで払い戻し不可)と違うところですね。もちろん非課税枠は復活しないので注意⚠

元本割れのおそれがある

投資をする以上は当然です。

非課税期間終了時に元本割れだった場合


非課税期間20年間が終わると、つみたてNISA勘定のETFや株式投資信託は、特定口座や一般口座などの課税口座に非課税期間終了時の時価で払い出されることとなり、つみたてNISA勘定で保有していた間の値上がり分には課税されません。

引用:金融庁 つみたてNISA Q&A

ある年の枠40万円分が値下がりして、期間終了時点で30万円になっていた場合。

30万円で買い付けがあったとして特定口座(一般口座)に登録されます。したがって、後年、時価40万円になった時に売却したら、10万円の利益があったとして20.315%が課税されることになります。

余った枠は繰り越しできない

年40万円分の枠のうち、30万円しか使わなかったとしても、残りの10万円分が翌年に持ち越されることはありません。

非課税枠は復活しない

年40万の枠を使い切ってしまった後に、買いたい商品を見つけたので10万円分売却。

この場合でも、10万円分の非課税枠は復活しません。

分配金の再投資も「新規買付け」

当たり前といえば当たり前ですが、非課税枠から1万円の分配金がでても、現金として手元に来るだけです。この1万円でつみたてNISA商品を買い付けたら、当然その年の枠を1万円分消費します。

繰上償還のおそれ

あらかじめ決められていた信託期間よりも短い期間で運用が終了する、または信託期間が決められていなかった投資信託の運用が終了することを繰上償還と言います。

👇は『eMAXIS Slim 米国株式』の償還日。無期限だから死ぬまで大丈夫やろ( ◠‿◠ )って思ってたら5年で打ち切りとか。

eMAXIS Slim米国株式のデータ

繰上償還があった場合は、その時点で非課税期間が終了します。5年で繰上になったら、残り15年分の非課税期間を失うわけです。元本割れしていた時は目も当てられません。

繰上償還がされる主な理由は運用資産が減ってきたから。基準は「10億口を下回った」場合としている商品が多いですね。「1口」=「1円」。

月次資金流出入額には注意が必要です。

eMAXIS Slim米国株式繰上償還の条件
eMAXIS Slim米国株式
楽天全米株式インデックスの繰上償還の条件
楽天全米株式インデックス
投資信託の月次資金流出入額

NISAと併用できない・NISA⇔つみたてNISAの切り替えは年1度だけ

NISAとつみたてNISAは2者択一です。

年に1度だけNISA⇔つみたてNISAの切り替えができますが、その年の非課税枠を使っていないことが条件。

最後の枠は20年後に開始

最後の40万円枠は20年後➡40年後に有効です。2018年に40歳の人だったら、60歳から80歳の間が非課税期間…(^O^)

30歳の人でギリギリ有効活用できるかな?って感じですね。

口座を持てるのは日本居住者のみ

 

海外赴任する人は注意です。

NISA口座・特定口座の解約が必須で、一般口座の解約まで必要かどうかは証券会社によってまちまち。一般口座を維持できる場合は👇の引用の通り。できない場合は保有商品は全部決済。

海外赴任前にNISA口座➡一般口座に移管した商品を、帰国後に開設したNISA口座に再度移管することはできません。

NISA口座を開設された方が出国により非居住者となられた場合(※)、NISA口座が閉鎖(廃止)され、NISA口座にお預けになっているETFや株式投資信託は特定口座又は一般口座に移管され、非課税の適用を受けることができなくなります。

引用:つみたてNISAに関するQ&A

つみたてNISAにはロールオーバーがない

ので気にする必要はないです。最初の40万枠が終了する時期は、最後の40万円枠が開始する時期より後。

金融機関を変更したい場合

  1. 変更したい年の前年10月1日から変更したい年の9月30日までに以下の手続きを行う。
  2. 変更前の金融機関に「金融商品取引業者等変更届出書」を提出し、「勘定廃止通知書」の交付を受ける。
  3. 変更しようとする金融機関に対して、「非課税口座開設届書」に「勘定廃止通知書」を添付して送付。(「住民票の写し」は不要)

Q.どこで口座を開設すればいい?

A.楽天証券(思考停止)。

2018-12-17

Posted by aki