肥満の人は汗かきで臭う!その理由は?

ダイエット・汗対策

脂肪が多いと熱を発生させやすく放出しにくい

肥満の人は、服を何重にも着込んでいる状態です。

体が温まりやすく、脂肪が断熱材の役割をして体にたまった熱を放出しにくい体になっています。

熱がたまると体温調節のために汗をかくことになりますが、脂肪が邪魔をして体温がなかなか下がらないため、大量の汗を出す必要があります。

汗は基本的に無味無臭だけど…

汗には、エクリン腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗の2種類がありますが、体温調節のためにである汗はエクリン腺から出ます。

エクリン腺から出る汗は、99%以上が水でできているため、基本的には無味無臭ですが…

運動不足だとミネラルを多く分泌する

普段から運動をしない生活をしていると、汗腺の機能が弱まります。

上ではエクリン腺から出る汗は99%以上が水分と書きましたが、汗腺の機能が弱まっていると、ミネラルやアンモニアが余分に分泌されます。

このミネラルやアンモニアが皮膚上の皮脂やあか等と混ざり合って嫌な臭いを発生させます。

そもそも汗の量が多い

太っている人は、脂肪によって体温が上がりやすくなっているので、必然的に汗の量も多くなります。

汗が多くなるとミネラルやアンモニアの分泌も増えるので、においが発生する可能性も高まります。

2019-03-28

Posted by aki