汗は2種類あるってしてましたか? エクリン腺とアポクリン腺

ダイエット・汗対策

運動したときにかく汗と緊張したときにかく汗ってなんとなく違いますよね?

前者はさっぱりしてて、後者はベトベトで臭いませんか?

両者が異なるのは、それぞれエクリン腺とアポクリン腺という異なる汗腺から排出されることが理由です。

エクリン腺

エクリン腺とアポクリン腺

https://www.kao.co.jp/8×4/lab/article02/

エクリン腺は、ほぼ全身に分布。

↑の画像の通りエクリン腺は毛穴とは独立した汗孔が開口部。

エクリン腺の数は人によって異なりますが 平均すると約350万個といわれています。

主に体温調節のために働く汗腺で、分泌される汗は99%近く水なので基本的に無味無臭。

ですが、 汗が垢や皮脂などと混じり合い、これを細菌が分解することで臭いが発生。

暑いとき、運動したとき(温熱性発汗)、辛い物を食べたときに出る汗(味覚性発汗)、緊張したときに分泌される汗(精神性発汗)はエクリン腺から。

アポクリン腺

アポクリン腺は外耳道(耳の穴)、わきの下、乳首、下腹部などの体の一部に分布。
開口部は毛根と同じ。

アポクリン腺から排出される汗は70%が水分で、残りの30%はタンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分など 。

粘り気があるため垢や皮脂とひっつきやすく、エクリン腺から分泌される汗より臭くなりやすい。

フェロモンを出すため、つまりセックスアピールのためにあるため、性的興奮を覚えると分泌される。

>>【関連記事】すばやく汗を抑えたいときはコチラ

2019-03-20

Posted by aki